オープンカーの種類について

| 未分類 |

自動車のボディタイプの一つにオープンカーが挙げられます。その名の通り、ルーフ部が開閉等する事で、屋根の無い状態にする事ができるものです。実は同じに見えるものでも、いくつか種類が存在しています。ここでは、それについて説明します。屋根が開くタイプの車には、国やメーカーによって様々な名称がつけられています。スピードスター、ロードスター、カブリオレ、ドロップヘッド、スパイダーなどがその代表例です。これらは、全て同一タイプの車を示しています。屋根からリヤウィンドウまでのエリアが、手動または自動で格納される事でオープンに出来ます。}PgžxQこれとは異なるタイプに、タルガトップと呼ばれるものがあります。これは、フロントウィンドウ及び、リアウィンドウ部が残り、純粋に屋根の部分のみが格納されるものです。このタイプにも屋根の自動収納タイプと手動収納タイプが存在します。1990年代までは、屋根の素材は幌生地が主流でした。しかし、2000年代に入ると静粛性や耐久性、耐食性の観点からハードトップと呼ばれる樹脂製の格納ルーフを搭載したものが登場してきました。これらの多くは、電動で格納されるため、急な天気の変化にも対応しつつオープン走行が楽しめるのが特徴です。このように、様々なタイプが存在しています。