オープンカーの弱みについて

| 未分類 |

自動車にはハードトップとオープンカーがあります。
オープンカーはカブリオレやコンバーチブルと呼ばれ、収納式ハードトップや折り畳み式幌を備えたものがあります。
セダンなどのハードトップ車に比べて、軽量設計でスポーツ性能を重視して製造されているため、フロントシートがメインとなりリアシートが狭く、中にはリアシートが無いものもあります。

 
さらに、空気抵抗上フロントガラスの傾斜が強くつけられており、折り畳みの屋根も低く設計されています。
オープンカーの強みとして、走行性能が高いということや、スタイリングの良さなどがハードトップタイプに比べて優れており、その反面、弱みと言えば屋根が無いことで車の強度が弱くなり、事故での転倒時などの危険性が高まります。
キャビンが狭いため、複数の乗車が出来ないことやオーディオの音量も高くすれば、車外に漏れます。
鳥のフンやその他の落下物の被害もあい易く、紫外線によるシートの劣化も考えられるでしょう。
夏の暑い時や冬の寒い時はオープンカーとしての意味が低いのもオープンカーの弱さで、比較的富裕層のセカンドカーや若い世代に好まれ、所有される車種です。

 
ただ、購入を検討する人の場合、スタイリングや走行性能という点で優れているのです。